2020年度より、運営方法を改定させていただきます。

当施設の開放以来、落水事故等の対応につきまして
落水の事例はあるものの、おかげさまで重大な事故に至るケースはございませんでした。

また、過去の落水事故発生時には、規定が曖昧であった初期救助を
施設のご利用者様により行っていただいていたことがわかっております。

そこで本年度より、落水事故等が発生した場合、気付かれたお近くのご利用者様に
浮環投入、上陸縄梯子を下ろす、周囲に知らせる。といった初期救助対応をお願いし、
ご承諾いただいた上でご利用いただく事とさせていただきました。

また、施設職員では事故現場の状況把握に時間がかかることから、ご利用者の中から
施設のご利用状況に応じて「巡視補助員」を任命させていただく運用とさせていただきます。
巡視補助員の方には、落水事故等が発生した場合、ご自身の携帯電話で、いち早く管理事務所に状況をお知らせいただく等の業務をお願いします。
些少の御礼をさせていただく形となります。

ご理解の程お願い申し上げます。